人生を織る

20160515_1

子供が小さい時に通っていたカフェ悠遊さん。子連れでもゆっくりできる貴重な空間で、いろいろな催しや勉強会などが企画されています。

ともすればウンチとオッパイと家事で、あっという間に一日が終わってしまう時期でしたが、新しい発見と、手作りのカラダにやさしい食事とあたたかい空間に癒されたものです。

そのカフェのオーナーの寺崎慈子さんは、さをり織りの織り人でもあります。

20160515_4

 

さをり織りは自分が感じるままに織る手織りで、織りに自己を表現するアート。そのため、見本も失敗もミスもないのだとか。先生も生徒さんの作品に毎回学ばされるのだそうです。

201605159

20160515_5

中島みゆきさんの名曲「糸」でもうたわれているように、よく人生は織物に例えられます。


20160515_6

男性と女性、人と人の出会い、縦糸は、その人の運命で、横糸は、日々の選択という風にもいわれています。どう人と接していくか、その積み重ねで、できあがる布は全く違ってくるのだと思います。

私の織る布はどんなものになるのかな…。

きっと不恰好で、ほつれそうで…それでも、味わい深いものになると信じて、毎日を織っていきたいと思います。

20160515_3

20160515_7